四国珍道中2
おいおい!続きはどうしたと。
前回の最後に「つづく」と期待を持たせておきながら、
更新するのが面倒くさくなって
このまま旅行記は尻すぼみにしてしまえなんて思い、
全く関係のない内容のブログを書いちまおうとしたが、
さすがに・・・ね。

さて、高松で泊まった旅館というのが
これまた絵に描いたようなボロ旅館で。

番頭さんがカトちゃんで
仲居さんが志村けんで
最後は「志村後ろ後ろ!!」的な。

お風呂に入ればカメムシがプカプカと浮いており、
脱衣所の扇風機には10年分くらいの埃が層を作り、
部屋はカビ臭いったらない。

しかし、この日は高松花火まつり。
かび臭い部屋からは瀬戸内海に浮かぶ花火が丸見え!!
最高の眺め!!
夕日が沈むのと同時に街の夜景が色づき始め
e0083337_211431100.jpg


暗くなると眼下に大きな花火が
e0083337_2116538.jpg


まあ、いろいろ言いたいことはあったが
最高の眺めをありがとう。

カトちゃんけんちゃん!!

次回こそ
「どうでしょうでお馴染み小僧さん登場。」

竜馬はまだぜよ!
[PR]
by katokayoko | 2008-09-08 21:22 | 日記
<< 四国珍道中3 四国珍道中 >>