<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
梅酒
今日はとにかく暑かった。
こんな日はビールが飲みたい。
しかし、冷蔵庫には冷えたビールがない。
仕方がないので梅酒をロックで。

この梅酒、いつからあるのだろう。
ずいぶんと寝かされているだろうに・・・
でも、味は変わっていないような。

って言うか、お酒って賞味期限あるの?

そうそう、この間飲みにいったときに、
青りんごのリキュールを飲んだ。
これが美味しくてね。



あーー、飲みたくなった。
やまやに買いに行こうか。

あーー、梅酒飲んじゃったじゃん。
車運転できないじゃん。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-28 21:12 | 日記
事件です!
昨夜は興友会メンバーみわさんの新居訪問&みきみき誕生会。

楽しさに時を忘れて、家に着いたのは午前2時。

玄関の鍵を開けて中に入ろうとしたら、チェーンが!!!

中の旦那に電話をしても、寝室から携帯のバイブ音しか聞こえない。
完全に寝ている・・・

おいおいおいおいおいおい!!!!

かんべんしてくれよぉぉぉぉ!!!これで、3回目だぞ!!

近所を気にしながら、窓をたたいたり小声で叫んだり・・・

10分ほどすると、やっと出てきたよ。ばかやろうが・・・。

「ごめんごめん、癖で閉めちゃうんだよ」





っておいおいおいおいおいおいおーーーーい!

冗談じゃないよ!

「今度やったら、ぜったい離婚だからな!!」

「だいたい、癖で閉めるにしたって私の存在は思い出さないのかよ!」

「何回目だと思ってんだ?これで3回目だぞ!」

「朝まで起きなかったらどうしてくれたんだ?朝まで玄関で寝ろってか?」

「しかも、電気はつけっぱなしだし」


と言った瞬間、

「ちょっと待って、電気のことは言われたくないよ。自分だって電気つけっぱなしで
寝てることあるだろ。チェーンのことは謝るけど、電気のことは納得いかない」






っておいおいおいおいおいおーーーーーい!


逆ギレかよ!




翌日仕事だってのに興奮してなかなか眠れず。

興奮を沈めたくて、
「ゴメンね」
と結局私が謝った。
私ってすごい

ってことでいいね?
[PR]
by katokayoko | 2006-06-24 19:15 | 日記
どうでしょう聖地巡礼の旅  最終回
さあさあさあ!!お待たせいたしました!!

どうバカの皆様。

わたくしどうバカになって約1年。
この地を踏むことを夢見てきました。
番組が終わっても全国各地からどうバカが訪れるという、
まさに聖地。

はい、これ!!

e0083337_19435697.jpg


まさにこのアングル。
この場所にあの大鈴ご両人が立っていたわけです!
まさに感無量。
もちろん回転しましたよぉ!小さく見えるのが私。

そして、これ!
e0083337_210956.jpg

onちゃんがみえますねぇ~。

HTBの玄関ホールには数々のお宝が。

e0083337_19511324.jpg


もう、何時間居ても飽きない。
平日のお昼であるにもかかわらず、公園もHTBもひっきりなしに観光客が。
同士たちが静かに、そして熱く参拝している姿にどうでしょうへの尊敬の念が
ますます高まった。

e0083337_2114986.jpg

HTB通用口に参拝!
通用口といえば、数々の企画発表、大泉シェフのクリスマスパーティーなど
名場面が思い出されるねぇ。


いや~、熱いね!どうでしょう!


聖地に別れを告げ、
続いてはNACSの聖地、カリー軒へ。

※NACSとは大泉洋が所属する劇団。大学の演劇サークルのメンバー5人から
 なり、北海道では人気の劇団。最近では大泉以外のメンバーも全国に進出しており
 NACSのお芝居も全国公演を果たし、最もチケットを取りにくい劇団と言われている。
 カリー軒はNACSメンバーが学生時代から通っていたお店で、
 サインや写真を始め、NACSゆかりの品々が所狭しと並んでいる。

e0083337_2045765.jpg


これは1日目の2時に行った時の写真。
大人気でなんと2時で完売のため閉店していた。
最終日は平日とあって入ることができたが、
なんと1時間待ち。
しかし、待っている間ここでしか見られない若き日のNACSの写真や
雑誌などなど全く飽きない。
そして、人気メニューのイタリアンハンバーグは絶品!
NACSファンならずとも行列を作る理由が分かる。
残念ながら撮影禁止で、画像はないが。



いやはや、そんなわけで
2泊3日どうでしょう聖地巡礼の旅は終わったわけです。

T.Kよ。
どうバカではない君にはかなりキツイ旅だったのではないだろうか。
まるで、冬ソナにはまったオバサンに付き合わされる旦那だったね。
大泉さんに釘づけの私を後ろから何も言わずに見守っていてくれたね。
北海道に行ったら、競走馬のふるさとに行きたいと言っていたのに、
CUEを探して歩き回ったために、社台ファームを素通りして
「目的達成したってことでいいね!」
で終わらせてすまなかったね。
ありがとね。
また行けるといいね。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-21 21:03 | 日記
どうでしょう聖地巡礼の旅  第2話
はいはい、どうも!

二日酔いで2日目を迎えた私は、
同じホテルに宿泊していた広島カープの1軍の選手が
バスに乗り込むのには目もくれず
「二日酔いには飯だあ!!」ということで
ホテルの朝食バイキングを2周し、

もしかしたら、運命の人大泉さんと遭遇するかも・・・
と目の下のくまを修正し、しっかりと化粧を施して、
昨夜マスターに教えてもらったCUEへと向かった。

※CUEとは大泉洋をはじめとする北海道のタレントのいる芸能事務所で、
  水曜どうでしょうに出演しているミスターこと鈴井貴之が社長を務める
  Office CUEという会社である。

約1時間、言われた界隈を探してみたものの残念ながら
見つけられず。
泣く泣く、2日目の宿、登別へと向かう。

さあ、登別といえばこれ!!

e0083337_1925726.jpg


いよよよおおおぉぉぉぉ!!!
カントリーサインの旅でお馴染みの登別の鬼さんで~ございます!!

宿近くには熊牧場なんてのがあり、
とりあえず熊を拝見。蔵王のキツネ村みたいなもんだわ。

社台ファームとか言う馬と牧場と海が見えるスポットを通り過ぎ、
一応観光もこなし、(どうでしょう以外のものにはテンション低)

夜の「日本VSクロアチア戦」を待つ。


はい、そしていよいよクライマックス!

最終回
~夢にまでみた聖地で回転!
 雪面の飛び魚が!だるまさんが!なまはげが!
 NACSの聖地カリー軒で・・・!~へと続く。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-21 19:44 | 日記
どうでしょう聖地巡礼の旅  第1話
行ってまいりました!

時計台も、クラーク博士も、函館の夜景も、広大な大地も、ラベンダーもない
北海道の旅。
分からない方には
何が面白いのか全く分からないであろう
旅の記録を
全3話で残していこうと・・・。

さて、千歳空港に降り立った我々が急いで向かったのは
札幌駅構内。
この日13:00からはNACSのリーダー森崎さんの番組
「えきすた」の公開生放送。なんとゲストは大泉洋!!

そう!生大泉洋をみましたよ!

はい、これ!

e0083337_18462547.jpg


写真撮影は禁止で、隠し撮りのためこんな写真になってしまったが・・・。
いや~、私はなんてついているのだろうか・・・。
やはり、私の運命の人は大泉さんなのでは・・・と思ってしまう。

さあ、朝から何も食べずに午後2時半。
札幌といえばスープカレー。

はい、これ!

e0083337_18543649.jpg


運命の人、大泉さんお薦めのスープカレー屋。
かなり美味い!

そして、夜はすすきのへ繰り出し、ジンギスカン。
その後、小さなBarで飲みなおす。
そこのマスターがまた良い人でね。
酒も進んだって訳です。
そしたら、隣に座っていたお客さんの妹は大泉さんの同級生だ!
な~んいうんだわさ、いや~やっぱ運命だわ!
おまけに、マスターがCUEの事務所の場所を教えてくれちゃってね。
旅は出会いですわ。
結局午前2時になってホテルに帰り、

第二話
~旅先で二日酔い!
 ホテルのエレベーターで広島カープの
 小早川と遭遇!
 登別では熊と・・・!!~へと続く。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-21 19:09 | 日記
どうで週
来週末、念願の北海道旅行が決定した。
2泊3日、どうでしょう聖地巡礼の旅。

HTB、あの公園、カリー軒。
オフィスCUEの事務所、大泉洋の実家。
そして、登別温泉に一泊!

ってなわけです。

時計台?
函館の夜景?
クラーク博士?

そんなもんは見ませんよぉ。



そして、旅行から帰ってきた翌々日は
待ちに待った「ヨーロッパ21カ国完全制覇」の受け取りの日。

いや~
まさに「どうで週」。

楽しみだ。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-10 17:05 | 日記
朝帰り
店を出たら外が明るかった。
こんなのひさしぶり。

はい。
酔っ払ってのブログ更新です。
朝の5時。
初のオカマバー。
行ってきましたよ。

楽しかったなー。
オカマってすごいなー。
エンターティナーだなー。
目が離せなかった。

いやー。
寝ないと。
ブログ書いてる場合じゃないよ。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-03 05:25 | 日記