どうでしょう聖地巡礼の旅  最終回
さあさあさあ!!お待たせいたしました!!

どうバカの皆様。

わたくしどうバカになって約1年。
この地を踏むことを夢見てきました。
番組が終わっても全国各地からどうバカが訪れるという、
まさに聖地。

はい、これ!!

e0083337_19435697.jpg


まさにこのアングル。
この場所にあの大鈴ご両人が立っていたわけです!
まさに感無量。
もちろん回転しましたよぉ!小さく見えるのが私。

そして、これ!
e0083337_210956.jpg

onちゃんがみえますねぇ~。

HTBの玄関ホールには数々のお宝が。

e0083337_19511324.jpg


もう、何時間居ても飽きない。
平日のお昼であるにもかかわらず、公園もHTBもひっきりなしに観光客が。
同士たちが静かに、そして熱く参拝している姿にどうでしょうへの尊敬の念が
ますます高まった。

e0083337_2114986.jpg

HTB通用口に参拝!
通用口といえば、数々の企画発表、大泉シェフのクリスマスパーティーなど
名場面が思い出されるねぇ。


いや~、熱いね!どうでしょう!


聖地に別れを告げ、
続いてはNACSの聖地、カリー軒へ。

※NACSとは大泉洋が所属する劇団。大学の演劇サークルのメンバー5人から
 なり、北海道では人気の劇団。最近では大泉以外のメンバーも全国に進出しており
 NACSのお芝居も全国公演を果たし、最もチケットを取りにくい劇団と言われている。
 カリー軒はNACSメンバーが学生時代から通っていたお店で、
 サインや写真を始め、NACSゆかりの品々が所狭しと並んでいる。

e0083337_2045765.jpg


これは1日目の2時に行った時の写真。
大人気でなんと2時で完売のため閉店していた。
最終日は平日とあって入ることができたが、
なんと1時間待ち。
しかし、待っている間ここでしか見られない若き日のNACSの写真や
雑誌などなど全く飽きない。
そして、人気メニューのイタリアンハンバーグは絶品!
NACSファンならずとも行列を作る理由が分かる。
残念ながら撮影禁止で、画像はないが。



いやはや、そんなわけで
2泊3日どうでしょう聖地巡礼の旅は終わったわけです。

T.Kよ。
どうバカではない君にはかなりキツイ旅だったのではないだろうか。
まるで、冬ソナにはまったオバサンに付き合わされる旦那だったね。
大泉さんに釘づけの私を後ろから何も言わずに見守っていてくれたね。
北海道に行ったら、競走馬のふるさとに行きたいと言っていたのに、
CUEを探して歩き回ったために、社台ファームを素通りして
「目的達成したってことでいいね!」
で終わらせてすまなかったね。
ありがとね。
また行けるといいね。
[PR]
by katokayoko | 2006-06-21 21:03 | 日記
<< 事件です! どうでしょう聖地巡礼の旅  第2話 >>