<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
遺伝?
絵の上手い下手は遺伝するのか?




先日、
興友会のエリツィンがウチに遊びに来てくれた。
次女のあやね2歳を連れて。

このエリツィン、歌も上手いが絵も上手い。

かつて、彼女が私にくれた絵葉書。

e0083337_172315.jpg


ね?

上手いの。
何とも、和む絵と詩であります。
私の宝物よ。


そして娘のあやね。
彼女もお絵かきが好きなようで、一緒にお絵かきをした。

e0083337_17264799.jpg


彼女は、バイキンマンを描いた。
ちゃんと角が2本着いていた。
ドキンちゃんは角が1本。

まだ2歳である。すごいことである。

その後、彼女の筆は滑らかに進み、
「パパ」と「パパ(ママのこともパパと呼ぶらしい・・・)」も描いた。

これもまたすごい。


まだまだなぐり書きの全盛期であるはずの2歳で、
ちゃんと目的を持って絵が描けるということは、
発達的に見てもかなり高度な技術であると思われるからして

やはり、これは遺伝なのか。




ちょっと話は違うが、
保育の中で子どもたちに絵を書かせることはよくあるが、
4歳くらいから、絵に対する苦手意識というものが出てくる。

4歳くらいになってくると、形や物の認識が確立されてくるからね。

素直に見たものを描く。
頭の中のイメージを絵にする。
ということの難しさに気づく。
実物のものと自分の描くものとの違いが分かってしまう。
また、他の子と自分の絵を比べてしまう。
「何でもいいから描いてごらん」なんて言おうものなら、益々描けなくなってしまう。


でも、これは駄目なことでは決して無くて、
人には得て不得手というものがあって当然。

だから私は、絵が苦手な子どもに無理やり絵を描かせたりはしていなかった。

でも、最近思うのは、

やっぱり、素直に自分の思い、イメージを表すことは必要なこと。
そのひとつの手段として、絵を描くことはとてもいいことのような気がするのである。
何でもいいから、描いてみるという気持ちを育ててやりたい。
誰になんと言われようと、上手かろうが下手であろうがとにかくやってみる。

そんな子どもがいい。

でも、それには自信が必要。
小さいうちから、子どもが絵を描いたら認めてあげることが絶対必要。
どんな絵でも。

うん。


あやねはこれから大きくなって、どんな絵を描くようになるのだろう。
絵の他にもどんどん好きなことを見つけてほしい。
ママのように、いろんな形で自分を表現できる素敵な人になってね・・・。
[PR]
by katokayoko | 2006-09-12 17:53 | 日記
ファンクラブ
少女時代、好きなアイドルのファンクラブにも入ったことの無い私が、
30歳にして初めて、ある団体のファンクラブに入会してしまった。

ある団体とは、

ご存知大泉洋属する北海道のタレント事務所、OFFICE CUE。

いや~、とうとう足を踏み入れてしまった。

初めての会報が届いて、胸を弾ませてしまったもの。

e0083337_2092414.jpg


ね?

誰よ?

って。


知らない人は思うだろうよ。

思うだろうな。





さあさあ、マミちゃん!!
来年の一月にTEAM NACSが県民会館に来るよお!
10周年記念でトークライブをするよお!!
今月末にファンクラブ先行予約して、絶対にチケット取るからっ!!

一緒に行こうよ!
貧乳組合のプラカード持って、出待ちをしていこうよ!
[PR]
by katokayoko | 2006-09-09 20:17 | 日記
ひとり居酒屋。
コンビニで夕ご飯を買う際

まず、ビール。

つまみに焼き鳥。

体のためにサラダ。

締めのご飯もの。


ひとり居酒屋フルコース。

というか、単身赴任の親父だなこりゃ。

でも、店員の若いお兄ちゃんに
「お箸は何膳お付けいたしますか?」に
「2膳で。」と答えるあたり、まだ捨てたもんじゃない・・・。
[PR]
by katokayoko | 2006-09-08 20:59 | 日記
さっそく
写真を撮ってみようかと。

e0083337_20535999.jpg


なんか、主婦のブログみたい。
キャラが違う。
[PR]
by katokayoko | 2006-09-08 20:55 | 日記
渡る世間は
鬼ばかり。

たまに観ると観ちゃうんだなこれが。

いつの間にか、おかくらのお父さんが宇津井健になっていた。
いつの間にか四女のようこが宗方さんと離婚していた。
大変ですわ。

話は変わって、
わたし、最近お弁当作りに凝っている。
以前から自分で自分のお弁当は作っていたのだが、
最近、旦那の分のお弁当も作るようになったのだ。
自分で食べるだけなら、ご飯とミックスベジタブル  以上。
みたいな、何とも男らしい弁当でもよかったのだが、
人のために作るとなると、さすがに男らしい弁当ではいけないような気がしてね。

そこで、こんな本を買ってみた。
e0083337_222179.jpg


  お弁当には、限られた空間に小さな世界を完成させる
  自分のための箱庭作りのような喜びもふくまれている・・・

とある。うーん、なるほど。
そう思ったらお弁当作りって楽しいかも。
[PR]
by katokayoko | 2006-09-07 21:30 | 日記